in 140文字で入らない呟き

待ちタスクをつくっていく


僕は好きの延長に仕事があるのだけど。

とはいっても不真面目にやるわけではないしビジネッスーみたいなところはちゃんとやって、周りには迷惑をかけないレベルのスキルをファイトするみたいなことはする。好きの延長線上っていっても社会人として最低限のことだと思う。

社会人といえば1日8時間、週に40時間は働くのがふつうらしい。この40時間を外すと一週間に20時間の勉強時間をつくれるから、そこを自分のキャリアアップにつなげるんだ!というのがクリーンコーダーに書いてあった。僕もプロフェッショナルというものになりたいのでそういうのは参考にしたい。

最近会社では9時出社18時に帰らせてもらってる。周りには12時すぎないと会社に来ない人とかいるので、別にいいかなあとと思ってやってる。一応8時間だし。一応僕は裁量労働のアレなので、そういうのが許されたりする。もう一度いうけど8時間ちゃんと働くようにしてる。働いてるよ。

周囲には午前中苦手な人が多いと思うのでそのあたりに仕事片付けちゃう場合が多い。その間に考えるのは「できるだけ誰かにボールぶんなげた状態の仕事で待つ」っていう状況を作ろうとしている。

キューにいれていくけど、僕のペースで処理されるとはもちろん思ってないのでちゃくちゃくと仕事をする。やることなんてたくさんあるので午前中にだいぶ片付く。

午後はお昼ご飯を食べたらまた仕事に戻るけど、大体誰かと一緒にやったりみてもらったりがここに来る。レビュー差し戻しのとか。17時を超えると頭が劣化しだすのでドキュメントとか書いたり軽い作業して18時に帰る。ただ急ぎのなにかがあったら残ったりはするけど。

リーダーには「君は頭が劣化すると人の話覚えないし周りが見えなくなるから、気をつけたほうがいい」って言われてるので、メンバーに迷惑をかけないようにそのあたりは自分をただしく管理しないとなあってのは感じてる。そんな経緯で会社に行くのと出るのを1時間早めにしてみたっていう次第。劣化しなければ周りに迷惑をかけることもない。やっぱ迷惑をかけて肩身の狭い思いをしながら仕事してもそれこそただの仕事できない人になりそう。。

朝来て劣化しないうちに誰かを待つタスクを大量にこなすというのは僕に向いているような気がした。しばらく試してみて周囲から苦情が来なかったらこのスタイルでやってこうかな。

(一応申し訳ない気持ちがあったりするので毎朝の勤怠Slackにはちゃんと報告してる……大丈夫かなあみんなムカついてないかなあ……ってビクビクしながら出社してる)