in Think

Wantedlyに登録したらくるようになったスカウトメールの文面に思うこと


フリーランスになって三ヶ月が過ぎようとしています。ようやく今年四月以降の負債が全て完済し、元の生活に戻れます。ながかった。。。

ご多分にもれず僕もWantedlyさんに登録しているのですが、遊びきませんかのメールをよくいただきます。お仕事しませんか、ということなのだと思います。ありがたいことです。

かなり良いお誘いも有名な会社さんからもいただきますし、ありがたいお誘いもいただきます。

ただ、中には悪質なものもあります。

今回ちょっとあまりに悪質なメールが連続して届いていてげんなりしたのでブログに逃げようと思います。

僕はWantedlyのスカウトする側にたったことがないのですが、おそらく最近メールのテンプレート機能がついたのかもしれません。テンプレートはこんな感じなんだと思います。

こんにちは!
[会社名]の[送信者]と申します。

あなたのプロフィールを見て、ぜひ一度お話を伺いたいなと思いました!一度、私たちのオフィスに遊びに来てみませんか?

お忙しいとは思いますが、ご返事お待ちしてます!

びっくりマークおおいですね。

僕は他人に助けられて生きているという自覚がありますし、いまお仕事をくださったり、紹介してくださる皆様に感謝しかありません。フリーランスで、基本一ヶ月契約ですから、安定して長期があるとも思ってません。支えてくださったり、仕事をくださった皆様には本当に感謝しています。

フリーランスになったいろんな事情はあるんですが、事情はさておいて、今回悪質だなーと思うのは、このメールをそのまま送る会社さんが想像以上に多いことです。エンジニアを募集する以上スキルを見てないことはないと思うのですが、送る先が「エンジニア」であり「スキルがマッチ」していればそのまま送信しているように感じられます。もしくは適当な自分語りをつけて送信ですね。

僕が転職希望者であれば「やった! あの会社からスカウトもらっちゃった!」ってすぐ返事をしたかもしれませんし、転職を希望していない正社員だったら、ああ、転職してほしいんだなって思ったかもしれませんが、いまの僕はフリーランスです。ブログやFacebook、TwitterのURLもWantedlyには載せているので、もしスカウトしたいって思ったら僕の状況はプロフィールを見ればわかると思います。一緒に働くということがどういうことか、社会人していたらわかるはずです。人間性的にだめだった、スキルミスマッチでダメでした、っていう不幸ケースはあちこちに転がっているはずで、スカウトする人もそれを認識しているはずです。なんかフリーランスだから簡単に正社員になってくれそうだよねって思われているのではないか、ってところにもやもやします。

Wantedlyはそういう職場の人間同士の人間関係での不幸、スキルミスマッチでダメだった不幸を避ける為に作られたんじゃなかったかなーと思いつつメールを眺めているんですが、Wantedlyを使っている会社さんで、こう言ったテンプレートメッセージを送ってくる会社さんはそういったことを理解しているのか、不安になります。プロフィールを見て、って書いてあるけどそれ絶対見てませんやん……

フリーランスで働いている僕はいますごく幸せ感だしてますし、いまお仕事いただいている二つの会社さんは社長さんとも社員さんともとても仲良く楽しくお仕事させていただいています。いまから契約を打ち切って他のところっていう気は現在のところあまりないのでいいんですが、見てないんでしょうね。相手とのミスマッチを減らすためのWantedlyが、エンジニア全体に絨毯爆撃のようにスカウトする場に変わっているのはすこし悲しい感じもします。

転職予備軍をすくい上げる目的なら、絨毯爆撃で送るも手段の一つとしてはありかもしれませんが、このまま個人で仕事をうけていきたいと思ってるフリーランスの人たちを正社員予備軍って考えてメールおくりまくるのはちょっと送信ボタンを押す前に考えて欲しいです。もし仕事のリソースが足りないので、フリーランスとして活動されているのであれば、もしお仕事のお時間空いているなら手伝って欲しい。求めるスキルセットがうちぴったりだし、きっとうちにはまりそうだよーって言ってくれるなら、喜んで話を聞くのですが、テンプレートそのまま送ってきて、返事をしてなにも返事がなかったりする会社もあったりしますので、もうちょっと送る先には人間がいるということを意識してほしいです。これはフリーランスとか正社員とか関係なく、とてもとても悲しいです。

フリーランスにとっては交通費もただではないし、異常なほど稼いでいるわけではないので、話してやるからオフィスに来い、と言われるのもなんだか上から目線に聞こえてしまうんですよね。一通目のメールとしてはとても適切じゃないと思うので、もし転職もしくはフリーランスのエンジニアさんとお仕事したくてメールを送っているのであれば、人事の方は是非一度文面を検討するフェーズをいれてほしいです。せめてどうしてあなたがいいと思ったのか、どういう部分で力になってもらえそうと思ったのか、そういったことを書いてもらえると話をしにいきやすいです。

IT業界にいるはしくれとして、やっぱり業界全体が良い方向に向かってほしいと願ってますので、こう言った無駄なスカウトメールが減っていくといいですね。

 

とかいいつつ。

スカウトメール嫌だったら設定かえろよって話なんですが、お仕事につながる場合もあるので、現在のところ設定変える気はないです。僕のスキルセットをみて、お仕事したいって思った方はぜひご連絡くださいね。おまちしてまーす。