in Think

フリーランスになる!って決めるまでの思考回路をオチなく書いてみる


すろっくさんです。好きな言葉は早寝早起きです。

なんか当たり前ですね。タイトルそのままのことを書いてみます。

ふっつうのことなんで、ヘビーな技術記事とか期待している人がいたらスルーしてください。

やりたいことをやるのに時間がない、ってよくいったものですよね。

僕は来月からフリーランスなんですが、週4日だけ働いて、毎週3連休です。1日は技術の勉強だったり、好きな物つくったりに作ろうと思ってます。ただ、これも僕の実力がないと続かない生活なので、僕の実力がしごとを受けている先と見合わなければ切られてしまうだろうし、契約もすぐ解除になってしまうでしょう。でもそれでも割と悲観はしていないです。

会社を辞めて、一ヶ月ぼんやり過ごしてきて思ったのは

「あーあ、なんかもう会社員一生無理そう」

ってことでした。性格には6/6くらいまで会社言ってたんで一ヶ月たってないんですが、年取ってから体壊して休んで冷静に自分を見つめ直したら、会社員として働くメリットが見えなくなってしまいました。多分来月に入って仕事がもっとうまくいったらもっともっと感じられるようになってくるんだろうな、て感じです。

体壊しやすい人に正社員という働き方は優しくはない

僕はベンチャーというか、そういう会社を渡り歩いてきたからかもしれませんが、僕がいた会社はどこも体が弱い社員に優しくないように思います。いやあったりまえなんですけど。体が弱い人はえてして自分をセーブしなければいけないので、周囲の形で長時間働かないといけない場合にエンジンかけることができないんですよね。多分徹夜とかすると死ぬタイプ。僕は持病のてんかんがあったので、睡眠不足とストレスが重なると会社で倒れて迷惑かけてしまいます。あえてセーブしてたんですが、どうもそういうのも通用しないみたいです。社員だからね。

あと鬱が治ったといっても、未だに偏見は根強いみたいです。僕は以前鬱で休職したことを基本隠さないので、だいたいどこでも言われるんですけど、いまは大丈夫といっても「昔うつ病になってたから、その影響もあっていまパフォーマンス落ちているんじゃないか」と面談の席で言われたこともありました。傷つかなかったといえば嘘になりますが、治っている人間もそういうこと言われる社会って世知辛いなあ、と思ってました。ああいう偏見、なくなればいいのにな。

なかなか世知辛い世の中です。

ピンチのとき誰も助けてくれないのはどこも同じだった

会社にいても、一人でいても、体を壊したら誰も助けてくれないのは同じでした。体を壊したとき僕にできるのは、できるだけ関係者に迷惑をかけないようにすることしかできませんでした。

ベッドの上で真ん中ぐらいはずっと全身の痛みと高熱で唸ってて、最近起き上がったんですがそのときに感じたのは、

「働いていて体壊したら稼げないし、お金が稼げないといまの社会だと人間どんどん転落するし、そうなったら誰も助けてはくれないよね?」

ってことでした。定職につかないとダメっていう概念が崩れた瞬間でした。明日自分が代々木公園でダンボールの上で寝ているかもしれないし、食べ物に困っているかもしれないし。

実家の家族には「安定した仕事につけ」といわれるけど、かつて勤めた会社も潰れたり、最初と言っていることが変わってあっさり裏切ってしまう会社がいるような場所で、僕は仕事ついててもどーしよーもないんだよなあ、って思うと結局選ぶ道って一個だけでした。

そうだ、フリーランスで生きていこう。

一方でピンチのときに助けてくれるひとは周りに結構いる

起き上がった僕は生きなきゃ、と思ったのでいろいろ考えました。どう考えても面談して7/1とか間に合わないし。

そんとき頼れる!と思ったのはひとりだけでした。そのひとに「お金も仕事もなくて来月から暇になっちゃったのでお仕事ください!」ってFacebookでメッセージを送ったら「いいですよ!」と言ってくれて来月からお仕事もらえることになりました。

来月からその人の会社と、別の会社を行ったり来たりして週四日のフリーランス生活です。

あと家族はすごく大事です。嫁は仕事がつらい時期にも、僕の看病を必死にやってくれました。肩から背中にかけて痛みが激しくて立ち上がれないときはちゃんとさすってくれたり。ご飯つくれないときお弁当つくれないときも「大丈夫。横になって早く治して」といって自分は支度して仕事にでかけていってました。婚約そうそう本当に迷惑をかけてしまいました。

助けてくれたみんなと、仕事をくれた皆様に本当に感謝です。おかげ様で来月からも生きていけます。みんなを失望させないようにがんばります。

不安なこともあるよ

ここからは会社にいたとき以上の実力主義の世界が待っているようです。

僕のコードがダメだと、当然契約切られるし、あってなければ「ごめんなさい」になってしまうし。

あと技術的に足りないとそこで辛くなりますね。僕は自分がすごい度数でいうとどこにいるのか、未だにわからないエンジニアなので、来月以降がとても不安です。一方で、全力を尽くしていままで気をつけていたことに気をつけていればいいのかもしれませんが、不誠実になることと向いていないことをやって周りに迷惑をかけるのだけはやめようと思います。本当に。

あ、オチはないです。いろいろがんばります。


 

最近読み直してます。やっぱりいいですね。

瞑想して精神統一することはとても良いらしいです。

本の中にも瞑想の時間をいれることを勧められているので、今度やってみようかな。